不動産投資は将来の備えに始めました

将来、年金暮らしになったとき、年金のみでやりくりすのは大変だな〜と感じていました。高齢化社会に伴い、やはり受け取る年金はかなり低い金額になるだろうと検討して、宇都宮にある土地を利用してしっかりと将来性のある不動産投資など早い段階から初めていると将来的にも楽になるだろうと思い、セミナーへ参加して情報収集するようにしました。けっこうサラリーマンでも不動産投資を行っている方は多く、セミナーへ参加している方と交流することもできるので、よい情報収集ができるので、とても参考になります。自分では、なかなか不動産投資に関して勉強したいな〜と思っても難しい部分があるので、こうしたセミナーへ参加することで、しっかりとリサーチした確かな情報を入手できるのは、とてもありがたいですし、計画的に不動産投資をスタートすることができるので、けっこう勉強になりました。自分でも興味があったので、資料を見て勉強したり、スタートとする上で必要な情報を入手できました。

投資用のマンションを選ぶ際のポイント

中古マンションの購入を考えて物件探しをしていた時に、親しくなった宇都宮市の不動産屋さんから、近くに投資用の物件があるので参考までに見てみますか?と声をかけてもらいました。
築30年は経っている8階建のマンションですが、数年前に耐震補強のために大規模な修繕工事があったので外観はきれいで、駅から徒歩3分もかからないほどの好立地です。
古いマンションだけあって間取りは古風な2Kでした。購入して、ずっと住みたいというような部屋ではありませんが、日当たりもよく、賃貸で住むにはよさそうです。不動産屋さんによると、このマンションは、投資用で購入して賃貸に出しているケースが多く、単身赴任のサラリーマンが借りるケースが多いという話でした。また、立地がよいので、売りに出してもそれほど値崩れしないのが大きなメリットだそうです。
マンションを購入する場合は、売りに出した時に買い手がつきそうかどうかを考えて選ぶべきだという風に言われますが、投資用の物件についても同じことが言えるようです。このマンションは、それからしばらくして買い手が見つかったと聞いています。

アパート経営というのはいくつも

アパート経営というものをしたことがあるのですが、ものすごく重要になってくるのが、とにかく立地であり、そこで十分に借りてくれる人がいるのかどうかということを考えることであるのが、例えば宇都宮駅周辺の不動産なら借り手も多いでしょうが、田んぼのど真ん中に作ったところで誰も借りたいなんて思うわけがないわけですから、今多くの人が失敗しているのはそういうことになるわけです。アパート経営には、色々と利点があります。長く利益になる可能性があるということは確かではあるのですが、そこで重要になってくることが立地になるわけです。私はそこをよく考えるようにしたほうがよい、ということを理解していましたから、出来るだけそこを考えて行ったわけです。アパートというのは、上手くすれば長く借りてくれる人が出て来るわけです。回転率が高いことは悪いわけではないのですが、大事になってくることはとにかく空室率です。そこを意識してよい物件を購入するように、ということを意識していました。それで成功したのです。

見えないトコロが要注意です

地主として1段上がった土地を手放し、不動産会社に売った経験があります。
不動産会社は最初、宇都宮に新築用物件として土地のみで販売し建物を建てません。
ただ売れない間、その土地を所有する業者は経費を圧迫されるようです。
そのため早く売りたいので、建売住宅を建てて土地付きお値打ち物件として売り始めます。

また不動産業者と住宅メーカーと土壌改良業者と配管工事者は異なる業者です。
もし土をシッカリ固めず階段を作っていれば、見た目キレイでも将来ヒビ割れてくる
事が予測されます。また写真の上のオウチの配管が道路に向かっていると考えられますが
自身の土地の真下を通っている場合、改良工事の際に掘削すると配管を切断してしまう
恐れもあります。加えて胸壁を立てているならコンクリの中に鉄芯があるか?
住宅直下の土壌が粘土なら水はけは大丈夫か?。などなど見えないトコロが要注意です。

周囲に住んでいる方は工事中の様子を見ているハズなので、どんな工事をされていたか
尋ねてみるのも良いでしょう。また昔その土地が谷で無かったか?尋ねるのもアリです。

条件にあった土地は案外すぐ見つかった

注文住宅を建てようと思うと、その前に土地選びが必要になってきます。建売住宅はすぐに住めるのがメリットですが、私たち家族は宇都宮市内で新築が欲しかっただけであって、元から住んでいた家に一緒に暮らしていた祖母と離れたいとは思っていませんでした。ところがそこに増築するのは無理があったので、祖母はそこに残し、近場で土地を探していたのです。ここが一番重要視する土地選びのポイントでしたね。

もちろん、家族人数分が広々と暮らせるだけの土地は必要なのですが、それに追加して祖母の家に近いという条件に合う土地探しは苦労するかと思いました。しかし、幸運なことに持ち家が多いエリアだったのでその条件に合った土地を手に入れることができました。

車が3台あるわりには道路が狭いことがデメリットでしたが、広さも近さも合致した土地はそんなにないだろうということでほぼ即決でした。少しの間駐車場として貸そうかという話も出ましたが、すぐにハウスメーカーを決めてマイホームが建ちました。

私が思いきって家を買った理由です。

私は29歳の時に宇都宮に新築でマンションを購入しました。結婚をしてすむ場所を探しており、購入するにはタイミングもバッチリでした。ただ、マンションを購入した歳にローンを払って行けるのか、ほんとにこの場所でいいのか、一軒家にしとけばよかったと後で後悔はしないかなど沢山悩みました。もっといい物件があるのでは無いかなど悩みは多かったです。

マンションを購入するにあたって、環境や値段など悩みは多かったですが最後の決め手となったのは自分にこれは何かの縁だと言い聞かせることです。住宅を購入する前に自分は住宅を購入する上で何に重きを置くかが大切です。購入して住んでしまえば、その環境に順応して楽しく過ごせます。夫婦ですむ場合には奥さんのためと、人のせいにすると悩みごとがぶっ飛びます。買ったら買ったで後はどう楽しく過ごすかです。なんの心配も要りません。

これから、消費税も上がりますので買うなら早い方がお得です。金利も上がるかも知れませんで思いきって下さい.

中古マンションを購入した経験

私がマンションを購入したのは、結婚した年と購入前に住んでいたアパートの更新が重なったことがきっかけでした。お互い若くなかったので、ローンを組むことを考えたらそろそろ家を買った方がいいと考えたからです。

あと、知り合いに宇都宮の不動産屋がいたので、駅の近くで良さそうな物件を見つけては教えてくれていたので自分たちで探す手間が省けたのも大きかったと思います。

知り合いに不動産関係の方がいたので、駅近の中古マンションを紹介してもらえたことはラクでよかったと思います。

基本的に不動産関係のお仕事は水曜日休みが多いと思いますが、私の仕事も水曜日休みだったので、休みの日に不動産へ行くことが出来なくて困りました。

注意するところは、必ず下見をすることです。出来れば朝と夜、平日と休日の4回行ければベストです。周辺の環境、近隣の人、マンションの掃除は行き届いているかなどはチェックしていました。

自分たちが家を購入するのに譲れない条件を書き出し、しっかり不動産の方へ伝えてください。そして、その中でも譲れない条件を3つ出してください。